SEMINAR

【録画放送版】コロナ禍で求められる来日外国人の自宅待機。場所探し・フォロー・受け入れ策まとめセミナー

録画放送(第1部:約20分間、第2部:約20分間)

WEBセミナー

当社セミナーは「満足度上位講演」として選出されました。(日本の人事部調べ)

当社のサービス・ノウハウは外国人材のミスマッチ防止に大きく貢献しうる優れたものであると評価されました。

経済産業省後援「第5回HRテクノロジー大賞」 採用サービス部門優秀賞受賞
厚生労働省 経済産業省後援「HRアワード2020」プロフェッショナル部門入賞
厚生労働省後援「第10回日本HRチャレンジ大賞」人材サービス優秀賞受賞

~ 来日後14日間の自宅待機のフォロー策に詳しいグローバルトラストネットワークス社が解説! ~

コロナ禍で求められる来日外国人の自宅待機(レジデンストラック)。その期間中の待機場所や住宅探し、待機期間中のフォロー策、入社後の受け入れ策について、最新動向やノウハウをまとめて解説するセミナーです。録画放送(オンデマンド配信)のため、お申込後すぐに視聴できます。(期間限定)


海外からの外国人材の受け入れが徐々に解禁されていますが、来日後14日間の自宅等待機(レジデンストラック)はいまだ義務化されています。多くの人事担当様にとって、来日時の出迎えや待機場所の確保、待機期間中の外国人材に対するフォロー(待機中に何をさせるかを含む)、その後の職場受け入れなど、やるべきことが山積かと思います。

そこで、海外人材の受け入れサポートを従前より行い、レジデンストラックについてもサポート実績のあるグローバルトラストネットワークス社に、レジデンストラックの対応策と注意点を解説頂きます。はじめて受け入れを行う会社様にもご参考にして頂ける内容です。

その他、不安を抱えながら来日する外国人材の方々に対しては、受け入れる職場(主に日本人)のフォローも欠かせません。では、受け入れ側はどのような点に注意すればよいのでしょうか。受け入れに必要な意識と行動、そしてそれを伸ばすために効果的な社内向け研修の内容について、当社より解説します。


本セミナーは録画放送(オンデマンド配信)です。お申込者には動画閲覧用のURLをご案内します。お申込後すぐにご覧いただけます。またURLは1部・2部に分かれているため、お好きなパートをご覧頂けます。


■ コロナ禍で求められる来日外国人の自宅待機。場所探し・フォロー・受け入れ策まとめセミナー

第一部:レジデンストラック対応もこれで怖くない。
企業側が押さえるべきポイントと対策とは。

-実務担当者目線で読み解くレジデンストラックとは
-外国人側の目線で必要となるサポートとは
-受け入れで最も重要な住宅探しのスケジュールはどう影響するか


第二部:外国人材の離職を防ぐ、受け入れ側に必要な意識と行動とは。
成功企業の取り組み解説。

-外国人材の受け入れに欠かせない「3つの意識」「5つの行動」とは
-自社の受け入れに不足している点を把握し、改善する方法とは
-企業事例

こんな方にオススメ


来日後14日間の自宅等待機(レジデンストラック)について詳しく知りたい


来日時の出迎えや待機場所の確保、待機期間中の外国人材に対するフォロー策について知りたい


受け入れる職場(主に日本人)に必要な意識と行動、効果的な社内向け研修について知りたい

セミナーの特徴

レジデンストラックに詳しい専門家が解説
グローバルトラストネットワークス社は、独自のレジデンストラック支援策を持つ専門家です。レジデンストラックについての情報をまとめて解説します。

レジデンストラックの効率的な対応策が分かる
手間のかかるレジデンストラック中の待機場所や住宅探し、待機期間中のフォロー策について解説します。

職場での受け入れに必要な意識と行動が分かる
不安を抱えながら来日する外国人材の方々に欠かせない、受け入れる職場(主に日本人)のフォロー策について事例を基に解説します。

講師

【講師】稲村 美穂
株式会社グローバルトラストネットワークス 営業本部Go-To事業部マネジャー

立教大学卒。2016年グローバルトラストネットワークス入社。外国人専門の家賃債務保証サービスを不動産会社に提案する営業部門を経て、Go-To事業部の立ち上げに携わる。現場で培った外国人の賃貸トラブル解決法などのノウハウを活かし、現部署にて外国人雇用企業の受け入れサポートを行っている。宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・総合旅行業務取扱管理者の資格を取得。

【講師】稲垣 隆司
株式会社エイムソウル代表取締役 PT. Bridgeus Kizuna Asia Director

同志社大学卒。急成長したベンチャー企業で人事部責任者を務め、年間600名の新卒採用の仕組みを作る。2005年株式会社エイムソウルを設立し350社を超える顧客の人事課題解決に取り組む。2014年インドネシアに進出。日系企業に特化して人事課題解決に取り組む。現在、HRプロにて「日本流グローバル化への挑戦」を執筆中。

概要

内容 第一部:レジデンストラック対応もこれで怖くない。
企業側が押さえるべきポイントと対策とは。

-実務担当者目線で読み解くレジデンストラックとは
-外国人側の目線で必要となるサポートとは
-受け入れで最も重要な住宅探しのスケジュールはどう影響するか


第二部:外国人材の離職を防ぐ、受け入れ側に必要な意識と行動とは。
成功企業の取り組み解説。

-外国人材の受け入れに欠かせない「3つの意識」「5つの行動」とは
-自社の受け入れに不足している点を把握し、改善する方法とは
-企業事例

日程 録画放送(第1部:約20分間、第2部:約20分間)
会場 WEBセミナー
※ご予約者様には参加者用URLをお送りします。1部・2部が分かれておりますので、お好きな方をご視聴ください。
準備物 パソコン
※その他、事前に設定やご準備頂くものはございません。
(WEBカメラは不要です。音声はお使いのPCから出力ください。)
対象 人事責任者様・ご担当者様、人事関連業務に関わる方
※学生の方、同業他社様はご遠慮ください。
費用 無料
問い合わせ 株式会社エイムソウル セミナー事務局(TEL:03-6451-8581)
セミナー申込フォーム

(表示されない場合はページを更新してください)



Pocket