ABOUT CQI

日本国内において、今後外国人労働者が増加することは予想されます。外国人の面接や評価判断を容易にし、日本文化に適応するか新しい文化に適応するかを測定します。そうすることで、入社後のミスマッチを減らし、最大限活躍できる人材の発見、創出をするサービスがCQIです。

SERVICE

外国人採用をお考えの企業さま全てに活用できる、
サービスをご用意しております。

日本の生産年齢人口の推移

日本を取り巻く状況

日本は、生産年齢人口*が年々低下し、ピークを迎えた1995年の8,716万人と比較して、2010年は8,103万人、2030年は6,773万人と減少傾向にあります。人口減少が要因の一つとなり、近年日本で働く外国人労働者は、毎年15~20%の増加率で、2018年は過去最高の1400万人を超えました。2008年の486万人と比較すると3倍以上となっていますが、今後新しい在留資格も創設され、まだまだ外国人労働者が増えると予想されます。

MESSAGE

開発者のメッセージ

 もはや日本企業も日本人スタッフだけでグローバルな事業展開を続けていくことはできなくなっています。
しかし、外国籍人材の獲得においては、これまでの製造業・ブルーカラー採用の方法論が旧態依然として残っており、創造的人材を活用する21世紀型には追いついていないというのが現状です。
 今回CQIという取り組みでは、一連の診断キットから外国籍人材の特性を類型化し、まさに適材適所のマッチングを実現する科学的な方法論が採用されています。これは、単に採用者の適合性を見るだけでなく、採用側すなわち日本企業のマネジメントのあり方にも大きな示唆を与えるものです。自社に適合的な人材を採用しているだけでは、真のグローバル化は達成できません。今後は多様な人材を採用するにあたって彼らの適性を見極めるだけでなく、日本企業としてどう多様性をマネジメントしていくのか、マネージャーは彼らの異質性をどう生かしていくのか、あるいは自社の何を変えて、何を変えてはいけないのか、などという戦略的な発想が要求されているのです。その意味で、CQIは日本企業の自己変革キットでもあるのです。
 「人材採用に科学を、多様性を通じて自己革新を」それがCQIの本質です。

米倉 誠一郎

POINT

CQI*は、株式会社エイムソウルがCQをベースに独自に開発した、外国籍人材採用に特化した適性検査です。
外国籍人材採用の選考において、「日本文化に合うか」「異文化に適応できるか」を測ることができます。

*正式名称は、 Cultural Intelligence Quotient Inventory

カルチャーフィット度
文化適合度

日本の働く文化にフィットするか、もしくはカルチャーに新しい刺激を与えられるかを測定します。

異文化アダプテーション力
異文化適応力

新しい文化に適応する力があるかを測定します。

ABOUT CQ

文化の知能指数

IQ 頭の知能指数 Intelligence Quotient

EQ 心の知能指数 Emotional Quotient

CQ 文化の知能指数 Cultural Quotient

CQ(Cultural Intelligence Quotient)は、「多様な文化が交わる環境で、効果的に対応できる能力」と定義されます。「多様な文化」には、国民性、民族性、組織特性による違いという意味も含まれており、グローバルなビジネス環境で活躍するために必要な要素として、21世紀に入ってから普及した概念です。日本語では、IQ(頭の知能指数)、EQ(心の知能指数)にならって、「文化の知能指数」と呼ばれています。

CQを構成する4要素
※CQIではモチベーション、行動、メタ認知に特化してCQを測定しています。

CQはモチベーション、知識、行動、メタ認知の4つの要素で構成されており、異文化体験・学習、研修プログラムなどによって伸ばすことができる能力です。

■モチベーション異文化に適応しようとする意欲・動機です。「異文化を楽しめるか」という内的な側面と「異文化体験を通じて何を得たいか」という外的な側面があります。 ■知識生活スタイル、ビジネス習慣、価値観・社会規範などの文化の相違に関する知識です。 ■行動異文化環境で状況に応じて適切な行動をとる力、適応できるよう行動を変えていく力です。言葉の使い方、伝え方だけでなく、ジェスチャーや顔の表情も含みます。 ■メタ認知異文化環境で自分がどのように人と接しているか、相手がどのように受け止めているかを客観視する力です。

お気軽にお問い合わせください。