SEMINAR

【録画放送版】特定技能ビザ 基本解説・最新情報&外国人採用の鍵「CQ」理論・事例セミナー

録画放送

WEBセミナー

当社セミナーは「満足度上位講演」として選出されました。(日本の人事部調べ)

当社のサービス・ノウハウは外国人材のミスマッチ防止に大きく貢献しうる優れたものであると評価されました。

経済産業省後援「第5回HRテクノロジー大賞」 採用サービス部門優秀賞受賞
厚生労働省 経済産業省後援「HRアワード2020」プロフェッショナル部門入賞

~ 外国籍人材の対応に悩む方へ!エイムソウルのWEBセミナー ~

外国籍人材の採用・受け入れをテーマとしたセミナーです。WEBセミナー形式であるため全国から多くの人事担当者様にご参加いただき、昨年は参加社数が700社を突破(全セミナー合計)。時期に応じて内容を変え、最新のノウハウをご提供しております。


本セミナーは、新たに始まった就労ビザ「特定技能」での外国人採用を行っていきたい企業様向けのセミナーです。二部制になっておりますので、お好きな方をご視聴頂けます。


特定技能ビザは、いまだ制度が固まり切っておらず度々変更が生じています。そのため最新情報をキャッチすることが重要です。そこで今回は、外国人採用に詳しい行政書士Climbの澤村 和三先生にご登壇いただきます。行政書士Climbは年間1000件以上の就労ビザ申請を行い、業界トップクラスの取得率を誇ります。


本セミナーは、外国人採用における二名の専門家が登壇します。

一人目は、国内外で300社以上の人事コンサルティング経験のある株式会社エイムソウル代表取締役 稲垣 隆司。『外国人採用の鍵を握る概念「CQ」とは。ダイバシティ時代に必要な「文化の知能指数」』というテーマで解説します。職場の10人に1人が外国人になりえる2030年に向けて、外国人採用の仕組みを作ることは組織を維持する必須条件です。文化・価値観の異なる社員で組織を動かすにはIQ・EQに次ぐ概念、CQ(文化の知能指数)が鍵となります。いかに外国人入社者のCQを見極め育て、受け入れ側のCQを高めるか。一橋大学の米倉誠一郎名誉教授らと構築した、CQを中核とした外国人採用戦略を解説します。

また、セミナー内では簡易ワークショップを行います。外国人材受け入れに関する自社の現状や課題を整理することができ、どのような優先順位で課題解決をするべきかを把握頂けます。


二人目は、年間1000件以上の就労ビザ申請を行い、外国人採用に詳しい行政書士Climbの澤村 和三先生に「特定技能」の基本的な部分から最新のトレンドまでお話いただきます。


■ 特定技能ビザ 基本解説・最新情報&外国人採用の鍵「CQ」理論・事例セミナー

第一部:外国人採用の鍵を握る概念「CQ」とは~採用・配属・育成における理論と事例~
-外国人入社者が日本企業にカルチャーショックを感じる原因とは
-文化・価値観の違いを乗り越え、多国籍のメンバーが協力しあう組織を作るために必要な
 概念「CQ」とは
-事例でわかる採用ターゲット・選考基準・配属先・導入研修の設計方法
-「外国人材受け入れ課題」整理ワークショップ

※2020年10月8日実施の「外国人採用の鍵を握る概念「CQ」解説&受け入れ課題整理ワークショップセミナー」の録画版です。


第二部:特定技能ビザ 最新情報・まとめ解説
① 特定技能ビザとは
  -特定技能ビザの特徴
 -特定技能ビザで外国人採用する時の注意点
② 特定技能ビザの最新情報
 -特定技能ビザ取得に向けた資格試験の最新情報
 -特定技能ビザ取得のための入管手続きの最新情報
③ 特定技能採用のポイント
 -日本企業が抱える人手不足問題を解消する特定技能ビザ
 -業種・職種別の特定技能ビザの活用方法

※2020年7月31日実施の「特定技能ビザ 基本解説・最新情報セミナー」の録画版です。

こんな方にオススメ

特定技能ビザについて基本から知りたい

これから特定技能ビザでの外国人採用を始めたい

外国人採用を実施しているが、早期離職や活躍に課題を感じている

セミナーの特徴

特定技能ビザの基本や最新トレンドについて学べる
2019年4月からスタートした特定技能ビザ。各業界から大きな注目を浴びていますが、まだ制度が固まり切っておらず変更も多い状況です。このビザの基本的な部分から最新情報まで外国人採用に詳しい澤村先生に解説いただきます。

業種・職種別の特定技能ビザの活用方法が分かる
特定技能ビザ取得に必要な資格試験の整備状況は、業種・職種によって異なります。それらの最新状況や、業種・職種別の活用方法について解説いただきます。

外国籍人材の選考・現場受け入れに関するノウハウについて学べる
ご紹介する適性検査は、外国人採用に特化して開発された唯一の検査です。受け入れ研修プログラムは多くの外国籍人材へのリサーチを基に生み出された独自のプログラムです。様々な企業様の事例を用いながらご説明します。

講師

【講師】澤村 和三氏 行政書士法人Climb 行政書士 出入国在留管理庁申請取次者 
大学で国際関係学を学び、法科大学院で法律を学ぶ。大学院を卒業後、神戸及び東京にて法律事務所で勤務。2019年11月に行政書士法人Climbに入社。以後、就労ビザや身分系ビザの相談業務・申請業務に多く携わる。

【講師】稲垣 隆司
株式会社エイムソウル代表取締役 PT. Bridgeus Kizuna Asia Director

同志社大学卒。急成長したベンチャー企業で人事部責任者を務め、年間600名の新卒採用の仕組みを作る。2005年株式会社エイムソウルを設立し350社を超える顧客の人事課題解決に取り組む。2014年インドネシアに進出。日系企業に特化して人事課題解決に取り組む。現在、HRプロにて「日本流グローバル化への挑戦」を執筆中。

概要

内容

第一部:外国人採用の鍵を握る概念「CQ」とは
    ~採用・配属・育成における理論と事例~

-外国人入社者が日本企業にカルチャーショックを感じる原因とは
-文化・価値観の違いを乗り越え、多国籍のメンバーが協力しあう組織を作るために必要な
 概念「CQ」とは
-事例でわかる採用ターゲット・選考基準・配属先・導入研修の設計方法
-「外国人材受け入れ課題」整理ワークショップ

※2020年10月8日実施の「外国人採用の鍵を握る概念「CQ」解説&受け入れ課題整理ワークショップセミナー」の録画版です。


第二部:特定技能ビザ 最新情報・まとめ解説
① 特定技能ビザとは
  -特定技能ビザの特徴
 -特定技能ビザで外国人採用する時の注意点
② 特定技能ビザの最新情報
 -特定技能ビザ取得に向けた資格試験の最新情報
 -特定技能ビザ取得のための入管手続きの最新情報
③ 特定技能採用のポイント
 -日本企業が抱える人手不足問題を解消する特定技能ビザ
 -業種・職種別の特定技能ビザの活用方法

※2020年7月31日実施の「特定技能ビザ 基本解説・最新情報セミナー」の録画版です。

日程 録画放送
会場 WEBセミナー
※ご予約者様には参加者用URLをお送りします。1部・2部が分かれておりますので、お好きな方をご視聴ください。
準備物 パソコン
※その他、事前に設定やご準備頂くものはございません。
(WEBカメラは不要です。音声はお使いのPCから出力ください。)
対象 人事責任者様・ご担当者様、人事関連業務に関わる方
※学生の方、同業他社様はご遠慮ください。
費用 無料
問い合わせ 株式会社エイムソウル セミナー事務局(TEL:03-6451-8581)
無料体験会申込フォーム

(表示されない場合はページを更新してください)



Pocket