COLUMN

グローバルマインドセットを身につけるために必要な事とその活用法

4.海外赴任(海外駐在)

「グローバルマインドセット(Global Mindset)」は、国際的な環境でのビジネスや対人関係において重要な能力や概念を指します。これは、異なる文化、言語、価値観、ビジネス慣習などの異なる要素を理解し、尊重する能力を含みます。グローバルマインドセットを持つ人は、異なるバックグラウンドを持つ人々と協力し、異文化コミュニケーションを円滑に行うことができるとされています。グローバルマインドセットの要素には以下が含まれます。


  1. 異文化理解: 異なる文化や価値観を理解し、受け入れることができる能力。

  2. 国際ビジネス知識: グローバルな市場や国際的なビジネス慣習に関する知識を持つこと。

  3. 柔軟性と適応力: 異なる状況や環境に対応し、変化に適応する能力。

  4. 異文化コミュニケーションスキル: 異なる言語やコミュニケーションスタイルに対応できるスキル。

  5. グローバルリーダーシップ: グローバルな視点を持ち、異なる地域や文化でのリーダーシップを発揮できること。


これらの要素を持つことで、個人や組織は国際的なビジネス環境で成功するための基盤を築くことができます。グローバルマインドセットは、現代の国際的なビジネスや労働環境においてますます重要視されています。

▼関連の動画セミナー(下記画像をクリック)

グローバルマインドセットとは何か

「グローバルマインドセット(Global Mindset)」は、国際的な環境でのビジネスや対人関係において重要な能力や概念を指します。これは、異なる文化、言語、価値観、ビジネス慣習などの異なる要素を理解し、尊重する能力を含みます。グローバルマインドセットを持つ人は、異なるバックグラウンドを持つ人々と協力し、異文化コミュニケーションを円滑に行うことができるとされています。グローバルマインドセットの要素には以下が含まれます。

1.異文化理解: 異なる文化や価値観を理解し、受け入れることができる能力。
2.国際ビジネス知識: グローバルな市場や国際的なビジネス慣習に関する知識を持つこと。
3.柔軟性と適応力: 異なる状況や環境に対応し、変化に適応する能力。
4.異文化コミュニケーションスキル: 異なる言語やコミュニケーションスタイルに対応できるスキル。
5.グローバルリーダーシップ: グローバルな視点を持ち、異なる地域や文化でのリーダーシップを発揮できること。

これらの要素を持つことで、個人や組織は国際的なビジネス環境で成功するための基盤を築くことができます。グローバルマインドセットは、現代の国際的なビジネスや労働環境においてますます重要視されています。

具体的な定義と特徴

グローバルマインドセットは、外国文化に対する高度な理解や感受性、異文化間での適応能力、外国語の習得能力など、異なるバックグラウンドを持つ人々と働くためのスキルを包含します。また、自己のアイデンティティを保持しつつ、異なる視点から発想する能力、多様な意見を尊重し、共感する能力、異なる文化間での誤解を避けるためのコミュニケーション能力なども、その特徴として挙げられます。さらに、グローバルマインドセットを持つ人は、環境の変化に対応し、新しいことを学ぶための高い柔軟性を備えています。

 これらの特徴は、一朝一夕に身につくものではなく、異文化体験や学習、外国語習得などを通じた経験を積み重ねることで培われます。そして、それは結果的に、自己の価値観や思考パターンを広げ、新たな視点を持つことにつながります。

グローバルマインドセットが必要な事由

グローバルマインドセットの必要性は、現代社会がますます相互結びつき、文化交流が盛んになる今日、より一層強調されています。国境を超えたビジネス取引が日常化し、異なる文化や価値観を抱える人々とのコミュニケーションが増える中で、我々は異文化を理解する能力と、その中で円滑に行動できるコミュニケーション能力を求められます。

 また、多様な背景や経験を持つ人々が集まる場では、一方的な視点やアイデアではなく、多様性を活用した新しいアイデアや解決策が求められています。このような状況下で、グローバルマインドセットは、文化的な違いを理解し、さらにその違いを価値あるものとして尊重し活用することが可能になります。

 そして、テクノロジーや情報が急速に発展し続ける現代社会では、自身の視野を広げ、学習のスピードを上げ、新たな可能性を追求することが求められます。この点でも、グローバルマインドセットを持つことは、自身の成長と組織の発展にとって必要な要素です。

グローバルマインドセットが必要なシーン

差異に対する理解と包含、異文化間コミュニケーション、フレキシブルな思考。これら全てが、グローバルマインドセットの持ち主が必要とするスキルばかりです。グローバル化が進む現代社会において、国や地域の枠を超えて活躍する場面は日常的に増えていらっしゃいます。それはビジネスだけでなく、教育、スポーツ、エンターテイメントといった領域にも及びます。そうした中で、自らを成長させるためにも、コミュニケーションを円滑に進めるためにも、このグローバルマインドセットは必要なのです。

ビジネスシーンでの活用例

ビジネスの世界において、グローバルマインドセットを持つことは、企業の競争力を高め、新しい市場や事業を開拓するための鍵になります。例えば、海外パートナーとの商談においては、言語だけではなく、その文化や習慣に対する理解が求められます。異なる価値観や考え方を理解し、尊重することで、コミュニケーションが円滑に進みます。その結果、信頼に基づく良好な関係を築くことができるでしょう。

また、多国籍チームのリーダーとして活動する際にも、グローバルマインドセットが求められます。異文化間コミュニケーションのスキルを活かし、メンバーそれぞれの国や文化に配慮した適切な発言や行動は、チーム内の一体感を高め、結果的に生産性を高めるのです。

海外赴任者が陥る具体的な問題

海外赴任をする際、多くの人が対面するのが「カルチャーショック」です。新たな環境、特に全く異なる文化圏に触れることは、人を混乱させることもあります。具体的には、働き方やコミュニケーションスタイル、生活のリズムなど、日本とは大きく異なる点に苦しむ人が多いのです。

また、自身の意見を伝える力、すなわち、「アサーション」が弱いことも問題とされます。海外では、自己主張が重視される文化が多いため、積極的に意見を述べることが求められます。しかし、日本人は自己主張を控える傾向があり、それが障害になることがあります。

これらの問題を解決するためには、グローバルマインドセットが必要となります。異なる文化に対する開放性や敬意、自身の言葉で意思疎通を図る能力を身につけることで、海外生活は違った色を見せてくれるでしょう。

グローバルマインドセットを育成する方法

世界はますます繋がりを深めています。異なる文化、価値観、習慣を持つ人々と効果的にコミュニケーションを取り、共感を育むことで、共に解決策を見つけたり、新たな発想を思いついたりすることも可能になります。そのためには、異なる背景を持つ人々に対する理解と共感を生む「グローバルマインドセット」を育成することが不可欠です。これは世界を広く包括的に捉え、視野を広げる重要な考え方となります。

育成に有効なトレーニング

グローバルマインドセットを育成するには、具体的な訓練と体験が必要です。まず、注目すべきは、自身の視野と理解を拡大するための情報収集です。国際ニュースを積極的に取り組み、様々な地域の出来事について学ぶことで、遠く離れた場所で何が起こっているのかを理解しやすくなります。また、フィールドワークや海外旅行は非常に効果的です。異なる文化・価値観に触れ、直接経験することで、より深みのある学びと理解が得られます。

次に、異文化間のコミュニケーションスキルも重要です。異なるバックグラウンドを持つ人々とのコミュニケーションでは、言葉だけでなく、非言語的なメッセージも理解することがポイントです。異文化コミュニケーションへの理解を深めるトレーニングや言語学習を行うことで、グローバルな視点と交流能力を高めることができます。

継続的な学習と経験の重要性

グローバルマインドセットを育成するためには、一過性の学習や体験だけでは不充分です。それは、一生涯にわたる継続的な学びと経験の積み重ねから生まれるものです。

例えば、異文化間のコミュニケーションスキルは、単に学ぶだけでなく、実際に異なる文化背景の人々と接することで深まっていきます。また、多様な視点を持つようになるためには、自身の思考を開放し、無意識の偏見やステレオタイプを見つけ出し、それを超えていくプロセスが必要です。このプロセスは時間とともに進化し、経験を通じて深まるものです。

したがって、新たな文化や視点に対する知識を持つだけでなく、その知識を生かす方法も学ぶべきです。これは、グローバルマインドセットの育成において、最も重要な要素であると言えるでしょう。最終的には、それぞれの学びが結びつき、総体としてのグローバルマインドセットを形成していきます。

グローバルマインドセットが不足していると困るシーン

グローバルマインドセットが不足していると、様々な困難が発生します。特に、国際業務を行う際には、異なる価値観や思考、習慣を持つ人々とのコミュニケーションが必須となります。そのためには、自国だけでなく、他国の文化や習慣、思考を理解し、異なる視点を持つことが求められるのです。グローバルマインドセットを持つことにより、そのようなシーンで的確な行動や判断ができるようになります。

コミュニケーションの困難さ

グローバルマインドセットが不十分な場合、異文化間でのコミュニケーションにおいて困難が生じます。例えば、直接的な表現スタイルが一般的である西洋文化と、間接的な表現が好まれる日本文化とでは、同じメッセージでも受け取り方が異なります。コミュニケーションが取れなければ、互いの理解や協働が難しくなり、業績の低下や信頼関係の損失を招くでしょう。グローバルマインドセットを持つことで、相手の文化背景を理解して適切なコミュニケーションを進めることが可能となります。

文化の理解不足が引き起こす問題

また、文化の理解が不十分であると、誤解や衝突が起こりやすくなります。異なる文化間での共通理解を築くには、その国の言葉、宗教、歴史、習慣を知ることが重要です。しかし、これらの知識がないと、相手の言動を適切に理解できず、思わぬ誤解や対立を生む可能性があるのです。その結果、ビジネスに悪影響を及ぼすこともあります。グローバルマインドセットを身につけることで、こうした問題を予防し、相手を尊重すると共に、有意義な関係性を構築することができるでしょう。

海外赴任者に必須のマインドセット

海外赴任者に求められるマインドセットは多様です。これから異なる文化圏、環境の中で生活を始めることになるため、日本での当たり前が通用しない事態に遭遇することも少なくありません。感じたことをそのまま口にする代わりに、相手の立場や状況を理解するために、洞察力を持つことも重要なスキルとなります。

異文化への理解と対応力

異文化への理解と対応力は、海外赴任者が必要とする最も重要な要素の1つです。一般的に日本人は他人を思いやる気持ちが強く、争い事を避ける傾向にありますが、海外では直接的に意見や要求を伝える文化もあります。そして、誤解を避けるため、パーティーや公の場での一見無難な話題でも、宗教や歴史的な背景により触れるべきでないテーマも存在します。そのため、異なる文化や習慣に適応し、相手を尊重する姿勢が求められます。

異文化を理解することで、相手の行動の背後にある意味や価値観を把握し、適切に応じる事が可能となります。また、日本と同じように考えることを前提にせず、様々な視点から物事を捉える柔軟性も必要です。これらの能力は、異文化間の対話や交渉においても有用となります。

ビジネス交渉で必要な感覚

ビジネス交渉において必要なのは、相手のニーズを理解し、問題解決に向けた提案を行う力が必要です。特に海外にて働く際には、言葉の違いだけでなく、価値観や文化、習慣の違いも理解することが求められます。それぞれの国や地域により、同じような提案でも受け入れやすさや伝わり方が大きく異なります。

また、ビジネス交渉では時に緊張感やプレッシャーを伴います。そうした強い状況でも、自分自身のプロフェッショナリズムを保ちつつ、柔軟かつ迅速に対応するセンスが求められます。さらに、交渉結果だけではなく、過程を重視し、長期的な関係性を築く視点も必要です。交渉は一時的な勝敗ではなく、良好な関係を構築し続けるツールであるという意識が必要です。

実際にグローバルマインドセットを持った人物の事例

グローバルに活躍している人物には、国境を超えて活動し、異文化を理解し尊重する思考と姿勢、つまりグローバルマインドセットが求められます。異なる環境で生存し、成果を上げるためには、自分の視野を広げ、多様な視点を持つ必要があるのです。そういった特性を持った人物達の事例を通じて、具体的にグローバルマインドセットがどのように役立つのか、そしてそれを養うためにはどうすべきなのかを探ります。

海外で成功を収めた人物

その一例として、彫刻家・草間彌生さんの事例を挙げます。彼女は浮世絵や西洋画を独学で学び、自身の作品を生み出しましたが、当時の日本では理解されませんでした。そこで彼女は自身の可能性を広げるため、ニューヨークへ渡り、自身のアート活動を始めました。アメリカではアヴァンギャルドの中心地であり、多くの芸術家たちが集まった場所で、活動の幅を広げることができるだろうと考えたからです。
 草間さんは異国の地で新たな刺激を受け、自身のアートスタイルを深化させたのです。もちろん苦労も多かったですが、それらの経験が彼女を強くし、独特の世界観を持つ芸術家としての地位を確立することに繋がりました。草間さんの成功は、グローバルマインドセットがもたらす可能性を示しています。

失敗例とその教訓

一方で、グローバルマインドセットの重要性を示す失敗例も存在します。ある日本企業がアメリカ市場に進出した際に起こった出来事を紹介します。この企業は国内で成功を収めていましたが、その成功をアメリカでも同じように繰り返せると考えました。しかし、アメリカにおける文化や消費者の嗜好は日本とは大きく異なるため、そのままの戦略ではうまくいかなかったのです。結果として、大きな赤字を出し、アメリカから撤退せざるを得なくなりました。
 この失敗の教訓は、自分たちの成功体験がどの環境でも再現できると考えるのが危険だということです。違った環境では違ったアプローチが必要であり、それを理解し尊重するグローバルマインドセットが求められるのです。そういった視点を忘れると、大きな失敗をしてしまう可能性があるのです。

グローバルマインドセットを評価するための指標

全世界を見渡す視野、異文化を理解し消化する力、そしてスムーズなコミュニケーション能力、これらが一体となったものが「グローバルマインドセット」です。具体的な指標としては、まず自身の認識や行動を思い返し確認する自己評価、そして周囲からの評価の収集等が考えられます。これらの総合評価により、個々のグローバルマインドセット具体的指標が見えてくるでしょう。

自己評価の方法

自己評価のための具体的な方法としては、自身の行動や考え方を問題解決の視点で再評価することが推奨されています。具体的には、自身が直面した課題や問題に対してどのように取り組んだか、別の視点からその課題を再評価し、自分自身の行動や思考の背景にある価値観や意識を深堀りしてみます。

それから、自己評価の手法の一つとして「スキルと知識の自己評価表」を用いることも一つの方法です。自己評価表では、具体的な問題解決力、コミュニケーション力、リーダーシップ、文化的知識や理解など、様々な側面から自身のスキルと知識を評価します。また、基本的なビジネスマナーや敬語の使い方、ピープルマネジメント等も評価の対象となるでしょう。

その上で、自己評価をするにあたって最も大切なのは、自分自身を客観的に見つめ直すことです。そしてそれを素直に受け入れる気持ちです。自己評価は自己成長の一助となります。

他者からの評価の収集方法

他者からの評価を得るためには、積極的にフィードバックを求めることが重要です。まずは身近な人々、同僚や上司を始め、家族や友人からも意見を聞くことが大切です。そして、その中で自身が思っていたことと違う意見や、新たに気付く視点が見えてくる可能性があります。

また、職場で行われる360度評価等も有効な手段です。多角的な視点から自分を評価させることで、自身が気付かなかった部分を把握することができます。ただし、評価を収集する際は、素直に受け入れることが重要です。皆からの意見を反省し、成長の機会とする姿勢も大切です。

さらに、自己開示も一つの有効な方法です。意識して自己開示をすることで、他人からの視点や評価を得やすくなります。これらの評価の収集によって、自身の行動や意識、グローバルマインドセットの度合いを正確に理解することが可能となります。

グローバルマインドセット育成のための具体的な行動計画

グローバル社会では、様々な文化や価値観が混在します。こうした中で活躍するためには、グローバルマインドセットを育てることが求められます。それを育てるための具体的な行動計画について考えてみましょう。

短期的な目標設定

グローバルマインドセットを育てるための短期的な目標設定は、まず英語力の向上が挙げられます。英語は国際コミュニケーションの言語と言われ、グローバルな視野を持つためには不可欠です。毎日30分の英語の勉強時間を設け、1年でTOEICスコアを上げるといった具体的な目標を設定します。この過程で英語の情報を活用する能力を付け、自然とグローバルな視野が広がっていきます。

次に、そして非常に重要なことは、多文化への理解と尊重です。世界中のニュースを日々チェックし、異なる価値観や文化を理解し尊重する習慣をつけることも重要なステップとなります。これらが無意識のうちに自身の視野を広げ、グローバルな思考を育てるのです。

長期的な視野の持ち方

長期的な視野を持つための行動計画では、留学や海外生活を計画するのも一つの手段です。実際に異なる背景を持つ人々と触れ合い、生活を共有することで、自らの価値観や常識が特異なものであることを自覚し、他者を評価するための新たな視点を獲得します。この経験は自身の人生観を豊かにし、グローバルな視点を鍛える大切な要素となります。

また、長期的には自身の専門分野、または興味がある分野における国際的な動向を追い続けることも重要です。その分野でグローバルに成功した人物の事例を学び、その哲学や考え方、行動を理解し、自分の中に取り入れることです。これにより、組織や社会全体を包括的に見る広範な視野を持つことが可能となります。

Pocket